そもそも助産院とは何のことですか?

普通に生活していてもこのワードは聞いたことがないという地名や有名人などは結構あると思います。

助産院も恐らく認知度は低いと思います。

子供を生むときには病院で出産する形を取る人が多く、助産院を利用する人もいます。

こればかりは考え方の違いで選択肢が分かれてしまいます。

助産院は病院とは違って、最初から最後まで同じ人が診てくれます。

自然の力で産むことができるという最大のメリットがあります。

インターネットで助産院のことを調べていくと産婦人科のある病院の方が圧倒的に多いです。

数十年前から産科のある病院は減っていく一方ですが、よくよく調べてみると入院、出張分娩の出来るところは少ないという現状があります。

近くのあればいいのですが、地方に住んでいると病院という選択肢しかないことが多いです。

自分の力で産めるというメリットはデメリットでもあります。

不足の自体が起こった時には、結局は病院のお世話になることがあります。

初産なら病院にしたほうが懸命な判断といえますね。

産科と助産院、どちらの方が知っている人が多いでしょうか?

普通に考えると産科の方ですね。

そもそも助産院って何のことだよと思っている人のほうが多いかと思います。

病院で子供を産むよりも行動に制限がない。

そのため食事に気を使う必要がない。

住宅街にあることもあるので、病院で産むよりも安心できる空間で産むことができます。

ただ、全国に助産院はすくなく、母乳相談だけをやっているところや出張分娩はできないといったところがあります。

自然で産むというスタンスになっているので、母乳が出易く、丈夫な子供に育つことができます。

妊娠している本人が健康的な生活を送れていれば助産院でもいいのですが、何かしらの病気を患っているといった場合は病院で産んだ方がいいでしょう。

病院では退院後のケアをしてくれないところもありますが、徐々に産後のケアをしてくれる病院が増えてきています。

どちらにするかは自分の意思しだいとなります。

子供のことを考えるか自分のことを考えるかは、自身の心構えしだいとなります。

メリットとデメリットはこちらのサイトを参考にして見てください。

信頼できる助産院